プログラム

チャラカの提唱する『健康人のための健康を護るアーユルヴェーダと、病人を癒すアーユルヴェーダ』を2日間かけてお伝えします!

190811_全体プログラム PDFでご確認ください

 

 

※こちらに掲載した予定通りの進行を目指しますが開催日に急遽変更になる場合もありますので、予めご了承ください。

10月13日(日)<第1部> 自分で出来るアーユルヴェーダ

9:00〜 受付開始

9:30〜9:40 開会の辞

大会長 宇住 晃治(NPO法人日本アーユルヴェーダ研究所 理事長)

9:40〜10:30

【一般研究発表】

座長/田澤 賢次、イナムラ・ヒロエ・シャルマ

9:40〜9:48
松浦 美由希:アーユルヴェーダとヨーガ療法の併用による腰痛改善報告

9:50〜9:58
山口桃代:がん治療に用いたアーユルヴェーダ

10:00〜10:08
西山 悦子:アーユルヴェーダ医療の体験

10:10〜10:18
鬼丸 絵里子・財津 香:みんなのディナチャリア白書

10:20〜10:28
田畑 優美子:シロダーラ―の施術により脳波の変化と瞑想状態への導入

10:30〜10:45

シャラーキャ・タントラム研究会報告/北西 剛

10:45〜11:00

 パンチャカルマ研究会報告 /齊藤 素子

 

12:00〜13:30 お昼休憩

 

13:30〜15:55

自分で出来るアーユルヴェーダ

ディナチャリヤ(1日の生活法)に関するアーユルヴェーダ・ドクターからの実践結果報告等

座長:木村 慧心
日本人アーユルヴェーダ・ドクター

13:35-13:50 及川 史歩 (本大会・副大会長)「ディナチャリアとはなにか?」

日本人アーユルヴェーダ医師及川 史歩先生<副大会長>のご紹介 本大会テーマ「ディナチャリアとはなにか?」 <ディナチャリア>日々繰り返すことがディナチャリヤです。よくない行動を繰り返せば生活習慣病。で ...

続きを見る

13:55-14:15 時信 亜希子「消化力もアップ! 舌磨き法 タングスクレーピング」

日本人アーユルヴェーダ医師時信 亜希子先生のご紹介 本大会テーマ「消化力もアップ! 舌磨き法 タングスクレーピング」 <舌磨き法とは>舌は咀嚼を手伝う大事な筋肉です。綺麗な舌は美味しさを味わうためだけ ...

続きを見る

14:20-14:40 田端 瞳「うがい法 ガンドゥーシャのすべて」

日本人アーユルヴェーダ医師田端 瞳先生のご紹介 本大会テーマ「うがい法 ガンドゥーシャのすべて」 <ガンドゥーシャとは> 最近では"オイルプリング"として知られるようになってきた口腔内にオイルを含んで ...

続きを見る

14:45-15:05 安藤 るみ子「美容にも健康にも。乾燥マッサージ法 ガルシャナについて」

日本人アーユルヴェーダ医師安藤るみ子先生のご紹介 本大会テーマ「美容にも健康にも。乾燥マッサージ法 ガルシャナについて」 オイルでマッサージするだけがアーユルヴェーダではありません。ガルシャナは、乾燥 ...

続きを見る

15:10-15:30 浅貝 賢司「「五十肩から脳にまで効く! 鼻から行う健康法ナスヤの有効性」

日本人アーユルヴェーダ医師浅貝 賢司先生のご紹介 本大会テーマ「「五十肩から脳にまで効く! 鼻から行う健康法ナスヤの有効性」 <ナスヤとは>鼻は頭部への入り口。顔の真ん中の小さな二つの穴が、脳、首、肩 ...

続きを見る

15:35-15:55 イナムラ・ヒロエ・シャルマ『ヘッドマッサージ シロアビヤンガの効用』

  本大会テーマ『ヘッドマッサージ シロアビヤンガの効用』 <シロアビヤンガとは>“頭部に温めたオイルを気持ちよく塗布すること”は、豊かな毛髪、深い睡眠、ストレスの軽減などの様々なメリットを ...

続きを見る

16:00〜17:20

日本人アーユルヴェーダ・ドクターによるパネルディスカッション

ファシリテーター:青山 圭秀

 

10月14日(月・祝)<第2部> 医療のためのアーユルヴェーダ

9:00〜 受付開始

9:30〜10:30

【一般研究発表】

座長/上馬塲 和夫、時信 亜希子

9:30〜9:38
舟久保 徳美:セサミオイルによる口腔ケアの症例報告

9:40〜9:48
上馬塲 和夫:アーユルヴェーダを医療へ応用する場合の安全性についての検討

9:50〜9:58
高橋 美香:乳児の腹部ケアの実際

10:00〜10:08
三林 寛:VRIKSHAYURVEDA

10:10〜10:18
上里 貴子:家庭でできるアーユルヴェーダ

10:30〜11:00

クシャーラスートラ研究会報告/田澤 賢次

 

12:00〜13:30 お昼休憩

 

13:30〜14:30

医療のためのアーユルヴェーダ<午後の部>

アーユルヴェーダを治療に取り入れている現代医による
取り組みや現状、今後の課題について報告


13:55-14:10 齊藤 素子/ 消化器・乳腺外科医「消化器外科医から見た腸の健康 ~バスティ(経腸療法)を通して~」

齊藤 素子/ 消化器・乳腺外科医 演題「消化器外科医から見た腸の健康 ~バスティ(経腸療法)を通して~」   プロフィール 1991年、富山医科薬科大学医学部卒業。消化器・乳腺外科医。 田澤 ...

続きを見る


14:15-14:30 舟久保 せいこ/歯科「アーユルヴェーダの歯科臨床への応用 ~より若く健康に生きるために〜」

舟久保 せいこ/歯科 演題「アーユルヴェーダの歯科臨床への応用 ~より若く健康に生きるために〜」 アーユルヴェーダを臨床に導入するにあたって一番のネックは、朝食前の歯磨きでした。 その当時は、食後の唾 ...

続きを見る



14:35〜15:45

医師たちによるパネルディスカッション

座長:北西 剛

15:45~15:55 閉会の辞

大会長 宇住 晃治(NPO法人日本アーユルヴェーダ研究所 理事長)

15:55~16:00 次期研究総会の紹介

2020年大阪研究総会 総会長 田澤 賢次

更新日:

Copyright© Ayurveda Society TOKYO 2019 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.